HOME > お知らせ > 「気持ちよい排便に導くためのPOOマスター1日入門コース」~涙が出そうなほど暖かい手がときほぐすもの

「気持ちよい排便に導くためのPOOマスター1日入門コース」~涙が出そうなほど暖かい手がときほぐすもの

2019年10月1日 | お知らせ | 在研教職員
「気持ちよい排便に導くためのPOOマスター1日入門コース」を開催いたしました。
講師は保健師・看護師・助産師で排便ケアのプロフェッショナル、コンチネンスアドバイザーの榊原千秋さんを石川県の小松市からおよびしました。


写真は研修のクライマックス、マッサージ実技の場面です。
モデルとなった方は、
「榊原さんの手が涙が出そうなほど暖かかった」と。
1対1のケアの場面であれば、その涙がスーッと流れたことでしょう。

硬く冷たくなったお腹は排便だけでなく様々な苦しみをそこに抱えていること、
そして、暖かく優しいその手は腸を含むその人全体をときほぐしているのだということを感じました。

そしてそれは、研修全体を貫くテーマである「人として出会うことの大切さ」、「心を動かすことの大切さ」を最後に目に見える形で教えていただく時間でした。

看護師をはじめとした医療の臨床家たちが忘れかけている全体論。
全体は部分の機械的総和ではない、ということをPOOマスターの研修会は思い出させてくれます。
榊原さん、参加してくださった皆様、ありがとうございました。


「POOマスター1日入門コースin弘前」開催のご案内
(外部サイトへリンクします)