弘前医療福祉大学 短期大学部 別科 調理師養成・1年課程

お知らせ

    インフォメーションの投稿はありません

別科 調理養成・1年課程の特徴

最短で調理師になる

飲食業では調理師養成校卒業者の採用が増加しています。調理師養成校で知識や技術を身につけることは就職の際に有利です。
在学中に集中して学んだ知識や技術は、現場で業務を覚える時の強力な武器となります。さらに腕を磨いて自信をつけ、将来開業することも夢ではありません。

1年という短期間でも、日本料理・西洋料理・中国料理の他、多くのジャンルを学ぶことができ、自分の希望する分野を見つけて料理の道に入ることができます。
また在学中の仲間とのつながりは自分の支えにもなります。



学べる職種

調理師

国家資格である調理師免許を持つ人のみが名乗れる資格です。調理師免許の取得者は調理の現場で即戦力として見られることも多く、就職の際には有利に働くといわれています。

取得できる資格・学位

取得できる資格

  • 調理師(国家資格)

修了と同時に調理師免許を取得できます。(都道府県知事に申請が必要です)

※専門調理師受験のための実務経験短縮と筆記試験が免除されます。(在学中に技術考査に合格した者)

修了後発行されるもの

  • 修了証明書と履修証明書

別科 調理師養成・1年課程を修了する事で「修了証明書」と「履修証明書」が発行されます。
※学位(短期大学士)は取得できません。

在学中に希望することで取得できる資格

介護食士3級
本学が開講する講座を受講し、試験に合格することで取得できます。
コーヒーアドバイザー・バリスタ
カフェ・スイーツ実習の授業を履修し、資格取得試験に合格することで取得できます。
食育インストラクター
食育インストラクターの授業を履修し、認定試験に合格することで取得できます。
普通救命講習
本学救急救命学科で講習を受講することで取得できます。



アドミッションポリシー

1.求める学生像

食に対する興味・関心が深く、「調理」のスペシャリストを目指して積極的に学習する姿勢を持つ学生を求めます。

2.入学までに身につけておいてほしいこと

  1. 人とのかかわりの基礎となる自己表現力とコミュニケーション能力
  2. 心身の健康に関心を持ち、食生活を大切にできる姿勢

カリキュラム

別科 調理師養成・1年課程では、1年という短期間でも基礎をしっかりと習得できるように、基礎的な調理技術に重点を置き、標準的な調理実習に加え、基礎調理技術の反復練習を行う授業を設けます。

時間割の概要

1日のスケジュール

カリキュラム一覧

教育内容 強化科目名 授業時間 講義・実習
調理師養成施設の
既定カリキュラム
(960時間)
食生活と健康 調理師の役割と食生活 30時間 講義
健康づくりと食育 30時間 講義
労働・環境と健康 30時間 講義
食品と栄養の
特性
栄養素の機能と健康 30時間 講義
栄養素の消化と吸収 30時間 講義
対象別栄養学 30時間 講義
食品の特徴と性質Ⅰ 30時間 講義
食品の特徴と性質Ⅱ 30時間 講義
食品の安全と
衛生
食の安全と衛生Ⅰ 30時間 講義
食の安全と衛生Ⅱ 30時間 講義
食品と健康危害 30時間 講義
食品安全対策 30時間 講義
食品衛生学実習 30時間 実習
調理理論と
食文化概論
調理の基本と調理科学 30時間 講義
調理施設・設備と器具の特徴 30時間 講義
日本料理の特徴と理論 30時間 講義
西洋料理の特徴と理論 30時間 講義
中国料理の特徴と理論 30時間 講義
食と文化 30時間 講義
調理実習 調理実習Ⅰ 180時間 実習
調理実習Ⅱ 140時間 実習
総合調理実習 実務実習 40時間 実習
集団調理実習 30時間 実習
本学独自カリキュラム
(180時間)
基礎調理技術Ⅰ 60時間 実習
基礎調理技術Ⅱ 60時間 実習
食育インストラクター 30時間 講義
カフェ・スイーツ実習 30時間 実習
調理実習

基本的な調理からはじめ、次第に応用も取り入れながら、様々な分野のメニューを実習します。日本料理・西洋料理・中国料理と交互に実習を行い、各国料理の特徴も学びます。料理に必要な衛生管理や作業の段取りなどの基本も学びます。
専門的な調理法を体験し、今後の自身の成長へつなげます。

調理理論と食文化概論

調理の原理について科学的に理解するとともに、調理に使う食材の特徴、調理の基本操作、調理の目的に応じた器具・施設に関して学びます。
いわゆる「コツ」と呼ばれる部分を理論的に理解することで実践においての技術の習得を早めます。
また、各国料理の特徴や食文化も合わせて学びます。

食品と栄養の特性

食品の成分や特徴、また食品に含まれるエネルギーや栄養素が体内でどのように働くかということに関する知識を学びます。
これにより、食品・栄養と健康の関わりについて理解し、健康の保持・増進を担う調理師としての自覚を養います。

食品の安全と衛生

現在、食の安全への関心は非常に高くなっています。
食を通じて人々の健康に関わる調理師にとって、食の安全と衛生に関する知識は最重要分野です。食の安全の重要性を認識し、飲食による健康危害とその予防法を学び、食品衛生を担う調理師としての自覚を養います。

独自のカリキュラムの紹介

基礎調理技術

調理実習ではレシピの料理を作り上げることがメインとなりますが、基礎調理技術では技術の練習がメインです。
例えば、桂むきや魚の三枚おろしといった基本的な技術にスポットを当て、 反復して練習・卜レーニングすることで確実に習得することを目的とします。個々の技術の底上げにより学習の効果を高める本学独自の授業です。

カフェ・スイーツ実習

コーヒーと和・洋菓子について学びます。習得した知識・技術を料理にも活かし、興味を広げていくことにつなげます。

基礎調理技術3か月の成果

❖「シャキッ」としたみじん切りと
 「ふわっ」としたせん切りができるようになります。

❖きれいな三枚おろしができる技術が身につきます。

教室の紹介

調理実習室

日本料理、西洋料理、中国料理や製菓の実習を行います。
本格的な調理台や機器を備えています。
また、先生のデモンストレーションや手元が映し出されるモニターを設置しています。

学生紹介

小笠原 憧

青森県立北斗高等学校

自分の成長を感じる!

私がこの学校に進学したきっかけは栄養満点の料理を作ってくれる父と母をカッコイイと思い、父と母に美味しい料理を食べさせたいと思ったからです。

授業では調理実習はもちろんのこと、包丁を研いだり魚をさばくなど、調理師に必要な基礎的な技術を磨くことができる授業もあります。最初は包丁を研ぐことに苦戦しながらも何回も実践することで上手く研げるようになり、自分の成長を感じることができます。

また、「コーヒーアドバイザー・バリスタ」や食で高齢者をサポートする「介護食士」など、他の専門学校ではなかなか取れない資格が取得できるので調理師の幅が広がります。この学校で学んだことを活かし、将来頑張りたいと思います。



就職先

就職支援室は、弘前医療福祉大学/短期大学部の学生の就職活動をサポートしています。
将来を見据え、自分の進路を考える場として活用してください。



卒業生の声

シェフを目指して

ホテル・レストランなどの厨房で注文の入った料理を次々と作り上げる、臨機応変に対応する力や専門的技術が求められます。
トップシェフまでの道のりは楽ではありませんが、やりがいのある仕事です。

仕事は毎日が新しいことの連続です。大変な時もありますが、若手コックのコンテストにも出場できて、スキルアップにつながり日々充実しています。(2013年度卒業生)

Instagram

授業の様子や完成したお料理をインスタグラムに掲載しています。
フォローよろしくお願いします!