インフォメーション

 2020.12.22

2021年度入学生 早期合格者セミナーを開催しました!

12月17日(木)13時から「2021年度入学生 早期合格者セミナー」を開催しました。この早期合格者セミナーでは、4月に入学するまでの時間を利用して、大学での「目標」をより明確にするとともに、本学からの課題に取り組むことによって、4月から「グッドスタート」ができるように準備を行うプログラムです。

「早期合格者セミナー」の開催は、今回で3回目の開催となります。本セミナーには、大学保健学部の推薦型選抜入試の合格者79名が参加しました。

本セミナーは、下田学長の挨拶で開始し、本セミナー開催の趣旨を述べました。続いて
医療技術学科言語聴覚学専攻の4年生と看護学科1年生の二人の在学生から「今、後輩に伝えたいこと」をテーマとして凝縮された応援メッセージを話してもらい、参加者に入学までの期間と入学後の大学生活をイメージしてもらいました。

その後に、配布した資料を使い、入学前教育推進部会の教員から本セミナーの目的の一つである「入学前教育の目的」と「入学前教育課題」の説明に入りました。
入学前教育の目的については、高校と大学の学びの違いを中心に、具体的な例を示して解説しました。また、必修課題と推奨課題について、それぞれの担当者から、課題設定の趣旨及び調査・提出方法についての留意点を解説しました。今年度も、入学後に履修する生理学や解剖学を学ぶ上で大変重要な「生物基礎」にかかわる課題については、提出を義務付けています。

質疑応答コーナーでは事前に受付した質問について、担当教員から回答いたしました。住居やアルバイトのこと、また、パソコンの必要性や奨学金や学費等大学生活に関わることについて熱心にメモを取っている姿が印象的でした。

最後は、学科・専攻単位で3~4名のグループにわかれて参加者同士の交流企画を行いました。自己紹介に始まり、入学する前に頑張ろうと思っていることや入学までに準備しておいた方がいいことを一人ずつ発表してもらいました。各グループには学科・専攻の教員も加わり、ようやく緊張もほぐれて、終わるころにはだいぶ会話が弾んでいたようでした。

プログラムの最後に、担当教員からは、「クラスにはこれから受験という友人もいると思います。しかし、皆さんはすでに合格が決まり、4月の入学に向けてグッドスタートができる準備の時間があります。この時間は皆さんのアドバンテージです。このアドバンテージを是非、有効に活用してください。」と激励の挨拶があり、当初の予定通り、15時にセミナーを終了いたしました。