インフォメーション

 2018.12.03

第二回北日本学生救急救命技術選手権において、 救急救命学科「弘前医療救急隊」が準優勝しました。

平成30年11月24日、福島県の国際医療看護福祉大学校にて
第二回北日本学生救急救命技術選手権(一般社団法人 全国救急救命士教育施設協議会 主催)が行われ、
本学救急救命学科「弘前医療救急隊」が準優勝し、全国大会に出場することが決まりました。






本選手権は大会には北日本の6高等教育機関から8チームが参加し、その技術・知識を競い合うことにより、
さらなる救急救命技能の向上に資すること、また、本選手権を通して、学生及び教職員の情報共有や交流を図ることを目的に行われます。




昨年度本学を会場に行われ、第2回目となりました本選手権には今回、救急救命学科2、3年生有志6名により『弘前医療救急隊』という
チーム名の下、競技に臨みました。事前に話していた学生のコメントでは「昨年の大会では、悔しい結果となったので、反省を活かし練習を重ねベストを尽くしたい」とのことでした。
当日は、それぞれ日ごろ研鑽を重ねた、技術・知識をいかんなく発揮し、見事準優勝に輝きました。
競技後の学長への報告ではそれぞれ誇らしげな表情に一段と成長した姿が見られ、
大いに意義のあった選手権になったようです。



今回、準優勝に輝いた『弘前医療救急隊』は12月15(土)国士舘大学多摩キャンパスで行われます、全国学生救急救命技術選手権大会(予定)に参加いたします。
全国の舞台でも『弘前医療福祉大学短期大学部』の名前を背負い、学業で培った成果を活かし、
活躍することを期待いたします。選手権関係者の皆様、弘前医療救急隊の皆様、大変お疲れ様でした。

--------学生救急救命技術選手権------------
https://www.jesa-emt.jp/学生選手権/