作業療法とは

作業療法士は障がいをもった方々が
豊かな生活を送れるように支援する仕事です

こころとからだを元気にする
作業療法は「こころ」や「からだ」などに障がいがある方、またはそれが予測される方を対象に、その人が再び自分らしく生き生きとした生活を、自らで判断し営むことができるように支援するリハビリテーションです。
日常生活を支援します
主体的な生活には、その人にとって重要で意味のある活動、またはできることが期待されている活動が含まれ、着替えや食事など日常的な活動、家事、仕事、余暇活動、地域活動など日常生活にかかわるすべての活動が支援の対象となります。
国家資格の医療専門職です
作業療法を必要とする対象者によって、生活の内容は様々です。作業療法士は対象者それぞれの主体的な生活を再開できるように、またはできるだけ長く継続して行うことができるようにその人に応じて支援する医療専門職であり国家資格です。

作業療法士は多くの場面で活躍しています

ニーズが高まる作業療法士の仕事
作業療法士は作業療法を必要とする方々の生活支援を病院、リハビリ施設のみならず、就労支援施設や研究機関など様々な場所で行っています。特に少子高齢化を迎えた日本では、多方面でニーズが高まっています。
作業療法の対象者

身体障がい領域:脳卒中、脊椎損傷
        骨折など

精神障がい領域:統合失調症、うつ病など

老年期領域:認知症、廃用症候群など

発達障がい領域:脳性まひ、自閉症など

取得できる資格・学士

・作業療法士国家試験受験資格

・学士(作業療法学)

facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加