一戸 一輝

H27作業_2657
一戸一輝
(東奥義塾高校出身)

保健学部医療技術学科作業療法学専攻
2011年入学生

臨床実習の経験は大変貴重です

 3年生後期に初めての臨床実習を経験し、実際の患者様を目の前にし、知識の浅さや検査・評価手技の未熟さ、考察の不十分さを実感しました。しかし、臨床実習でなければ分からないことのほうが多く、大変貴重な経験をすることができ、とても勉強になりました。
 臨床実習をきっかけに、各々の不十分なところや、苦手なところが明確になることで、どのようなことを重点的に学ばなければいけないのかというそれぞれの課題も見つかりました。4年生の臨床実習に向けて、クラスメイトを良きライバルとして刺激しあいながら、成長していきたいと思います。