在学生からのメッセージ

s_07
成田宗史
(東奥義塾高等学校出身)

保健学部医療技術学科言語聴覚学専攻
2011年入学生

人ならでは・・・の魅力

 言語聴覚士は「人ならではの能力である<言語>に携わることのできる」医療職です。私は普段使っている言葉を「人ならでは」のように考えたことはなかったので、言語聴覚士に興味を持ち、同時に強い魅力を感じ、将来は言語聴覚士になることを思いながら、日々勉強しています。
 専門的な授業がほとんどですが、その中でも最も印象の強い授業は本専攻の理念である、地域参加に重点を置いた演習です。学生たち自ら地域の需要を探し、それに応えられる事業を計画し実行するという内容で、責任は重いですが、やりがいがあり、地域について深く知ることができました。