在学生からのメッセージ

s_05
油川桃子
(青森県立弘前南高等学校出身)

保健学部医療技術学科作業療法学専攻
2010年入学生

臨床実習はとても貴重な経験

 初めての臨床実習を終え、実際の患者さんを目の前に、自分の知識の浅さ、検査・評価手法の未熟さを実感しました。しかし、臨床の場で経験しなければわからないことが大多数で、大変貴重な経験をさせていただき、とても勉強になりました。
 大学生活は、臨床実習をきっかけにより一層クラス内の結束が強まり、時に助け合い、時によきライバルとして刺激しあい、充実した日々を送っています。
 これまで経験したことを活かし、自分に不足している部分を明確にすることで、4年生の臨床実習に向けて成長していきたいと思います。