卒業生からのメッセージ

g_07_01
g_07_02
蟻塚 あらし

平成10年度卒業

メッセージ

現在、弘前市百石町にてパティスリーヴェルジェという洋菓子店を経営しております。2004年の春にオープンして、今年で無事5年目を迎える事が出来ました。最近は多くのメディアに取り上げて頂いたおかげで、お客様も増えてきて、自分のやりたかった事も少しずつではありますがやれる様になってきました。今後も更なるステップアップを目指していこうと思います。学生時代は、申し訳ないくらい遊んでばっかりの思い出ばかりで、もう少し勉強しておけばよかったと今さら後悔しています。しかし、そんな学生時代でも、多くの友人や先生、校外実習先の方々と出会えた事は、今の自分にとって大きな財産で今後も大切な人脈だと思います。最後に、経営者になった現在、とても気がかりな事が1つあります。読点でよく若いスタッフを雇い入れ働いてもらいますが、定職率が非常に低いのが現状です。これは職場環境の問題もあるとは思いますが、若い人の仕事に対する考え方が変化しているからではないでしょうか。最近ではよくテレビや新聞でもこの問題を目にする機械が増えてきたように思えます。やはり社会人としての心がまえを誰かが教えてあげるべきだと思います。それは親や学校だけではなく、社会人としての先輩である私たちがその役割を担うべきなのかもしれませんね。