相馬 麻裟美

看_在_2287
相馬麻裟美
(青森県立弘前南高校大鰐校舎出身)

保健学部看護学科
2012年入学生

理想とする看護師・保健師に

 2年生に進級すると、成人、小児、母性等の看護の専門分野の授業が増え、日々の復習が重要になると感じました。また、社会福祉分野の授業も加わり、学ぶ範囲が広がりました。介護施設や住宅という地域の保健医療福祉の場でも看護師の必要性はより高いのだと知りました。疾患や治療以外にも、介護保険や地域ケアシステムなども理解することが重要であることを実感しています。このように、病院以外での看護師の役割を知ることで将来自分が進む看護の道への視野が広くなりました。そして、自分が理想とする看護師、保健師像をより具体的に描くことができ、今まで以上に勉学に励む気持ちを強く抱くようになりました。
 今後さらに専門性の高い学習が加わってきますので看護への理解をさらに深めてゆきたいと思います。