小笠原 遼

%e5%9c%a8_%e4%bd%9c2_%e5%b0%8f%e7%ac%a0%e5%8e%9f_0096
小笠原 遼
(木造高校出身)
2014年入学生 医療技術学科 作業療法学専攻

理想の作業療法士を目指して

2年次は、1年次で学んだ様々な知識を基に、より専門的な講義・実習・演習が 増え、グループワークも多くなります。知識を増やすことだけではなく、先生方や クラスメイトと深く関わっていく中で、コミュニケーション能力を向上させることも 大切だと感じています。患者様との信頼関係の構築や、チーム医療で重要である知識・ 技術・コミュニケーション能力などを修得必要があります。そのために、今は講義や 大学生活の中で学んできたことをしっかりと身に付けて、3年後期の臨床実習に臨んでいきます。 そして将来、患者様の心と身体に寄り添える、自分の理想とする作業療法士に なれるように、日々努力しています。