インフォメーション

 2016.10.04

平成28年9月29日(木) 平成28年度消防訓練を行いました。

平成28年9月29日(木)本学にて平成28年度消防訓練が行われ教職員・学生約700名が参加しました。

この避難訓練は津軽地方に震度6強の地震が発生し、調理実習室で調理中のガスホースが外れ引火、
同時刻、本学学生食堂厨房において調理中に火災が発生したことを想定し、
有事に備え迅速な対応ができるよう行われました。

訓練では非難中に転倒し足を骨折、歩行困難になった学生を救急救命学科の学生がバックボードを使用して救護・搬送を行いました。
学生は日頃、練習を積み重ねた搬送作業を手際よく行っている様子で、頼もしさを感じました。

dsc00443_e dsc00444_e

講話では短期大学部 山口学生部長より「おさない」「はしらない」「しゃべらない」
「もどらない」と避難の際の基本となる「おはしも」を守り、とっさに行動が取れるよう心がけること、
有事の際は先頭に立って誘導ができるようこの訓練を活かしてほしいと述べられました。

近年、日本各地において東日本大震災や熊本地震を始めとした、未曾有の大災害に見舞われ、
これまでの「社会生活」の価値観を大きく変える出来事が多発しております。
ここ弘前でもどんな災害が起こり、どんな被害に見舞われるかわかりません。
医療福祉の最先端を目指す人間として、人を救う、助ける、導くことができる「医療・福祉のスペシャリスト」を
目指し、頑張りましょう。

img_5328_e img_5334_e