インフォメーション

 2018.01.18

短期大学部 救急救命研究会(大学公認課外活動団体)が、講習会「得する!救命の知識-いざという時のためにー」を開催しました。

 本学短期大学部 救急救命研究会(大学公認課外活動団体)は、1月13日(土)さくらの百貨店弘前店文化ホールにおいて、「得する!救命の知識-いざという時のためにー」と題して、講習会を開催しました。



本講習会は救急救命研究会が「大学コンソーシアム学都ひろさき 平成29年度学生地域活動支援事業費補助金対象事業」に申請し、審査を受けて認定され、補助対象事業として実施されております。




当日は、弘前市近郊において、介護福祉分野で勤務されている27名の方より参加申込を頂き、応急手当や救命に関する講習をおよそ2時間半実施しました。

終了後のアンケートには、「学生の機敏な動きに感心しました」「丁寧な指導に感謝しています」など、たくさんのお褒めの言葉をもらい、学生も大きな自信につながったと同時に、自身が目指すべき救急救命士像をより確かなものにしていました。



ご参加いただいた皆さま、大変ありがとうございました。
本学では引き続き、地域貢献・支援活動を進めてまいります。
今後とも、ご支援、ご指導よろしくお願い申し上げます。







救急救命学科のFacebookにも記事が掲載されています↓